[広告]

ドコモの新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」に変更するかお悩み中・・・

ウチの場合、新料金プランへの移行検討対象になるのは親が使っている「らくらくスマホ(F-12D)」のみで、他の契約は現状維持した方が安い。

らくらくスマホ用にはドコモ謹製の料金シミュレータは使えないので、手動で計算するw

現状ではパケット通信はあまり使っていないらしいけど、従量制で計算するとパケ定よりも高額になってしまうためパケ定はやはり必要。通話料は毎月バラバラなのでタイプSS~タイプMを使い分けている(タイプSSは無料通話分が使い切れなかったとき)。

タイプSバリュー、新料金プラン、タイプMバリューにパケット定額を加えた金額は以下の通り。らくらくパケホ(500MB)→らくらくパック(200MB)の変更で利用可能データ量が減ってしまうけど、200MBも使っていないので影響なし。

(1)タイプSバリュー+らくらくパケホ※500MB

image

(2)新料金プラン+パケットパック(らくらくパック)※200MB

image

(3)タイプMバリュー+らくらくパケホ※500MB

image

長時間通話を家の固定電話ではなくケータイにまとめることができるなら新料金プランに変更しても良いかなと思っている。(ワタクシ的には毎月プラン変更の手続きをする手間が省けるけど、最後の判断は本人任せ)

新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」 | 料金・割引 | NTTドコモ
ドコモのスマートフォンやケータイ、タブレットなどの料金体系、割引情報や料金の請求とお支払い、確認方法についてご説明いたします。
提供条件書 | お客様サポート | NTTドコモ
各種料金プラン、割引サービスの提供条件をご案内します。

提供条件書などを見ながら気付いた点。

■Xiカケ・ホーダイを契約して、ガラケーで利用していた回線などを新料金プランでXi契約のままガラケーを利用する場合基本料金が2,200円のガラケー用プランではなく、スマホ・タブ用の2,700円が適用されるのでは?(Xi向けのプラン一覧には指定デバイスが"フィーチャーフォン"のプランが無い)

20140519-01

■「新料金プランで「パケットパック」のいずれかのプランにご契約いただければ、月々サポートは継続して適用されます。(シェアグループで子回線となる場合でも、月々サポートは継続適用されます。)」となっているが、月サポの適用条件にパケホへの加入が必須ではなかったFOMAガラケーも新料金プランでは同条件になるため月サポ放棄した方が良い場合もある。(新料金プランへの変更は強制ではないので、現在の利用額と比較して検討しませう)

■「弊社システムに登録されている最新ご利用端末が iPhone の場合は Xi かつ「カケホーダイプラン(スマホ/タブ」(定期契約なし含む)または「データプラン(スマホ/タブ)」(定期契約なし含む)のみ契約可能です。」と、iPhoneもデータプランで契約できることが明記されています。

■契約基本プランで指定されているデバイス以外を利用すると追加課金される。例えば、データプラン(ルーター)で契約しているSIMをスマホや他社端末で使うと+500円。(スマホ/タブ用に契約して一切通信しなかったらルーター用の料金になるのかな?)

20140519-02

■「sp モード (iモード契約可)はご契約できません」・・・ガラケーとスマホでSIMを差し替えて使っている人やiモードとspモードでメールアドレスを使い分けている人は注意!!

シェアする