[広告]

災害時の公衆無線LAN開放用に統一SSID「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)を発表

大規模災害(通信ネットワークが広範囲に被害を受け、携帯電話やスマートフォンが利用できない状態が長時間継続する恐れがある場合)発生時に公衆無線LANを無料開放する取り組み。携帯電話やスマートフォンが利用できない状態で公衆無線LANが利用できるのか?という点が疑問。

公衆無線LANの利活用について(無線LANビジネス推進連絡会)

(1)大規模災害時における公衆無線LANの無料開放について
連絡会は、2013年9月に実施した釜石市、仙台市での実証実験を基に、『大規模災害発生時における公衆無線LANの無料解放に関するガイドライン』を策定しましたので公表します。本ガイドラインでは、公衆無線LANを提供する各事業者等が、大規模災害の発生に備えてそれに対応した措置を事前に検討・準備する際の留意事項や望ましい事項を明らかにし、世界初※2となる災害用統一SSID『00000JAPAN』の制定をはじめ、無料開放する大規模災害の定義や措置を講ずるまでの目安となる時間、推奨される大規模災害用ポータル等について記載しています。
連絡会では、2015年3月に仙台市で行われる「国連防災世界会議」でも災害用統一SSIDによる無料開放を実施していきます※3。

※2 無線LANビジネス推進連絡会調べ 2014年4月時点
※3 詳細は後日、連絡会ホームページにて案内予定

災害用統一 SSID

大規模災害発生時に公衆無線LANの無料開放の目的で事業者等が共通で使用するSSID。事業者共通で使用するためユーザ認証や暗号化を行わない。「00000JAPAN」の視認性の低下を防ぐため、事業者等が通常のSSIDを設定する際には「00000JAPAN」より上位に表示される SSIDの利用を避けることが望ましい。

シェアする