[広告]

SONY、4K対応のアクションカム『FDR-X1000V』2015年3月13日発売予定

XAVC S形式で3840×2160 30p/24p(ビットレートは最高100Mbps)の撮影が可能な4K対応のアクションカム。サイズは従来モデル(AS100V)よりも大きくなり幅24.4mm×奥行き88.9mm×高さ51.7mmで、バッテリー装着時の重量は約114gとなっている。

1,280万画素のExmor R CMOSイメージセンサーに広角170度のZEISSテッサーレンズを採用、従来比(AS100V)で約3倍ブレない進化した手ブレ補正を搭載・・・ただし、HDモード時のみ対応で4Kでは利用できない。

・4K 30pの連続撮影時間はバッテリー満充電状態で約50分
・XAVC S記録:(100Mbps)マイクロ SDXC UHS-I U3以上のメモリーカードが必要

体感したリアリティをそのままに記録できる高精細・高音質な4K*アクションカム『FDR-X1000V』を発売
ソニーは、カメラ本体を身体や自転車などのスポーツギアに取り付け、様々な視点からの撮影を楽しめるアクションカムシリーズとして初めて4K高精細撮影に対応したデジタル4Kビデオカメラレコーダー アクションカム『FDR-X1000 V』を発売します。

ソニーストア

デジタル4Kビデオカメラレコーダー
アクションカム「FDR-X1000V」

ソニーストア販売価格:50,880円(税別)
●長期保証(3年ベーシック)付属

シェアする