[広告]

ドコモ、対象スマホ購入で毎月1,500円割引の新料金プラン【docomo with】を2017年6月1日提供開始[2017.05.24]

2017年5月24日、NTTドコモは2017年夏モデル8機種(Androidスマホ7機種、Androidタブレット1機種)および対象端末限定の新料金プラン(割引施策?)「docomo with」の提供などを発表した。

報道発表資料 : 2017年夏 新商品8機種を開発・発売 | お知らせ | NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/05/24_00.html

報道発表資料 : 月々のご利用料金からずっと1,500円割引く料金プラン「docomo with」を提供 | お知らせ | NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/05/24_01.html

スクリーンショット_052917_043845_PM

docomo with | 料金・割引 | NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/charge/new_plan/bill_plan/docomo_with/index.html

スクリーンショット_052917_040056_PM

スクリーンショット_052917_035912_PM

イメージとしては2007年の”携帯電話の通信料金と端末価格を分離”が導入された際の(FOMA)バリュープラン/(FOMA)ベーシックプランのようなものかと(D905iに55,000円くらい払った記憶がある)。
あの時と同じように、そのうち端末販売価格に何らかの形で割引施策が適用されるようになるのでは?と思ったりもしている(根拠なし)。

6月1日の提供開始時は2017夏モデルのうち「arrows Be F-05J」「Galaxy Feel SC-04J」が対象で、端末購入補助(月々サポート・端末購入サポート)は適用されずキッチリ端末代金を支払うことになるが・・・

端末購入補助(月々サポート・端末購入サポート等)を適用せずに定価で購入した場合やSIMフリー端末等の既にお持ちの端末にSIMを差し替えて利用した場合は「docomo with」を継続適用

・・・とゆーわけで、端末が未使用品のまま中古市場に流れそうですね。

  • 同じ機種を長く使い続ける人にメリットがある
    端末代金分の回収には、やはり2年程度の期間が必要(1,500円 ×  24か月 = 36,000円)
    ※docomo with適用のためだけに端末を購入し、未使用のままドナドナすれば・・・
  • ドコモの端末購入補助を享受しなければ毎月の利用料から1500円の割引が継続される
    ただし、適用のために対象端末を1回購入する必要がある

発売時から「端末購入サポート」と「月々サポート」で実質負担額が0円以下の”dtab Compact d-01J”には【ドコモeSIMカード】(カラーはとネイビー)が採用されている。d-01Jで情報を書き込んでしまえば取り外して他の機器でも使いまわせるようだ(eSIM対応機器以外を使うときは従来SIMを再発行って書いてある)。

報道発表資料 : コンシューマ機器向け「eSIMプラットフォーム」を開発 | お知らせ | NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/02/23_00.html

無題クリップ_052917_045938_PM

ドコモUIMカード/ドコモeSIMカードについて | お客様サポート | NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/support/utilization/uimcard/

Xiシンプルプランの「指定外デバイス利用料」・・・タブレット/iPad、ルーター/データカードについては各々データプランとの差額が指定外デバイス利用料に設定されている。下図ではドコモ販売端末以外ならタブレットやルーターも課金されないように見えるけど、ナゼ「左記以外」のセルが白地になっているのか詳細不明なので実際の運用は人柱レビュー待ち。

スクリーンショット_052917_053401_PM

とりあえず、親の回線を”docomo with”適用にしたいから、機種変更⇒購入端末ドナドナ⇒元の端末にSIMカードを戻す流れで検討する。

シェアする