[広告]

「DAZN(ダゾーン)」のAndroid/iOSアプリに「データセーブ」機能が追加された[2018.07.20]

「DAZN」のモバイルアプリにパケット通信量が最大で従来の7分の1になる「データセーブ」機能が追加されました。1時間あたりのデータ通信量の目安は約450MB、映像画質を[標準画質][高画質][最高画質]で固定できる設定項目は用意されていない。

(UQ契約) WiMAX 2+ と Fire TV Stick の組み合わせで DAZN を見てますが、Fire TV Stick用のアプリには「データセーブ」は無いので、3日間10GBの制限と共存は続きます。

カープのホームゲームは「権利の関係上、広島県内及び一部地域では、ライブ配信はご覧いただけません」の制限があり、今回「データセーブ」機能が追加されたモバイルアプリを利用できるスマホ・タブレットだと位置情報を取得されてライブ配信は視聴できない。

カープ戦を見るためだけに「DAZN for docomo」を契約

Fire TV Stick で DAZN を見ると通信量が多すぎるで帯域幅制御をしたい

データ通信量を軽減! 新機能「データセーブ機能」をスタート | DAZN Media Centre
http://media.dazn.com/ja/press-releases-ja/2018/07/20-3/

スクリーンショット_072118_115756_AM

今回のアップデートにより、モバイルアプリの「その他」の項目に「データセーブ」という新機能が追加されました。このデータセーブ機能をオンにすると、3G/4G/LTE使用時や、テザリングやモバイルなどのWi-Fi使用時、それぞれのパケット通信量を節約でき、よりお手軽にモバイルでスポーツをお楽しみいただけます。デバイスや通信環境によっても異なりますが、データ使用は今までの約7分の1になります。

※データセーブ機能は設定を行ったデバイスでのみ適用されます
※全ての状況で制限をかける場合は、3G/4G/LTEとWi-Fi、両方をオンにする必要があります
※デバイスや通信環境によっても異なりますが、1時間あたりのデータ使用目安は約450MBになります

月額料金はちゃんと払ってますよ(?.?)

ドコモ口座VISAとかでゴニョゴニョしてませんよヾノ゚ェ゚*)

2018年7月後半はカープ戦地上波/BS TV中継が少ない。3日間10GBの制限を喰らってもデーゲームなら制限時間外だけど、ナイトゲームばかりで画質が悪い↓↓

1

2

3

シェアする